[アクションカム]広角モードじゃないとなかなか自撮りは難しい・・・

ども、管理人です。
Gopro投入するも初年度以外は足下が見切れたりとか切ない結果となっておりまして今頃検証した次第。

投入初年度(2015)
画角:広角モード
モノポッド:POCKET xshot(MAX78㎝)131g


しっかり撮れましたが広角独特のゆがんだ感じがなんか好きになれず翌年以降通画角モードに(^_^;)

2016
画角の分はモノポッドが長ければいいじゃない!と短絡思考で+20センチ強のものを投入
画角:通常モード
Smatreeコラボスクリュー付き monopod S2(MAX102センチ)188g

長さが増した事でのメリットなんか微々たるモノで、重量増とてこの原理的なもので負担増(笑)結果大事なときに見切れたりなシーズンでした。

こりもせず翌年90センチの軽量タイプのモノを投入するもほぼ改善せず。

2017
画角:通常モード
モノポッド:MOP-3 NEOPine(MAX90センチ)91 g ←最軽量!!

結論としては

おとなしく広角モードがあるのならそれを使いましょう(^^;)

 

 

お引っ越しはしてみましたが・・・。

ども、管理人です。
自作CMSにおさらばしてWordPressへ飛び込んでみました。

が、予想通りデータ構造なんか似通っているわけもなくコンバートもできずで記事の移行は難儀中・・。

じわじわ作業するんじゃなかったの?

  • 思いの外過去記事がアレだったりしておりまして単純にコピペも微妙。
  • 投稿時期みてると6年前なうえに中身がががが・・・・なのモノも結構あり
  • 新規投稿していきたいけど過去記事メンテしてたらシーズンインしてしまう((((;゚Д゚)))))))

等々ありまして過去記事持ってくるよりは新しく書いていった方が楽しめる気がしております(・∀・)そんな感じで適当でだらだらと続けていく感じですが宜しくお願いいたします。

[リライト2017]バインディングの調整って割と必要で

@2017/09/03
WordPressに引っ越し&データ移行中(手作業)ですがなんとなくコンパクトに修正等を行っております・・・・

ども、管理人です。タイトル通りのビンディングの調整なんかをまとめてみます
調整が必要な理由は:ストラップの位置が悪いと足に負担がかかる。が一番の理由。色々痛めても楽しくないのでしっかり調整しましょう。

とりあえずバインディング全景

※写真差し替えたいけど撮影時間がとれな(言い訳
公開時の日付が2011年なので懐かしいモノが出てきてる感はありますが基本はほぼ変わらずなのでお気になさらず・・・・

で、どーすんの?

バインディングのストラップ(アンクル・トゥ)の中心が正面から見た際ブーツの中心と重なるように長さを調整します。

意外と買ったまま乗り続けて「最後までカチッとしまってくれないんだよね」とか「なんか乗り心地が悪い」と相談受けると大抵買ったまま乗ってたりそもそも調整の概念が無い人もチラホラ・・・・・。プラスドライバで(無くてもできるモノもあり)ストラップの穴の位置を変えて長さを調整します。

ストラップの中心がブーツの中心としっかりあっている。バインディングのサイズとブーツのサイズやメーカーで変わってくるんで標準でジャストサイズな場合は無いかもです(・А・

[12-13モデル][バインディング購入]FLUX SF45

ども、管理人です。いろんなタスクが消化できずにおります(笑)

タイトル通りバインディングを新調しましたー。

トゥストラップの形状がやっぱりしっくりくるのでFLUXなんだかんだでバインディング選びは好みが半分以上関わってくるんじゃないかと思う管理人です。借り物でバートン、FLOWとか何度か乗りましたがつま先を前から抱え込むFLUXのホールド感には勝てなかったんです。

前置きはさておき購入したのはSF45です。割とカチカチと言われてるモデルです。「あれ。今期モデルじゃないの?」の問いには「予算をそんなにつっこまなくてもなー」ってのと「今期のSFのデザインが・・・・」が答えです(笑)

というか「やっぱりバインディング買おうかなー」ってなったのが先週でネットを探すもまぁ時期が時期なので当然のごとく全滅(笑)ダメ元でお世話になってる神保町のお店にGOするもそもそも旧モデルが時期的にすでに捌けてました(笑)

「普通に考えたらまぁあるわけねーよな」と思いつつ某量販店に足が向いてしまいスノーボードフロアに行ったらふつーに売ってるという現象に出くわしたため即購入で帰宅。

妥協的にシルバー購入しましたが合わせてみたらしっくり来たのでよい買い物でした。と言うかオクサマーからは「ブーツとか板との組み合わせ的に蛍光グリーンは無いでしょ・・・・」言われておりました。

取り付けてみたり、各部をいじってみたので気になったところとかは次回に書こうかとー。

 

[まとめてみた]バインディングのサイズ表(わかる分だけ)

何となく気になったのでまとめてみた。

メーカーサイトで公開してるところって割と少ないのね(・А・|||RIDEのコントラバンドのタイプそのうちにでも・・・・。

XS SM S M ML L XL
BURTON MEN 22-26 26-29 28+
BURTON WOMEN 21-23 23-25 25+
FLOW MEN -24.5 24.5-26.5 26-28 28-
FLOW WOMEN -24.5 25.0-
FLUX 22-24.5 24-26.5 22.5-25.5 25-27.5 27-30
HEAD 25-27 27.5-29 29.5-32.5
K2 20-23 23-26 26-29 29-33
RIDE MEN 23-27 26-30 29-33
RIDE WOMEN 21-24 24-28

FLOWのMLってサイズに無理矢理感があるのは管理人だけでしょうか・・・。アジアというか日本向けってことなんですかね。FLUXは選択肢が広いっていうか0.5センチかぶる形で展開してくれてるので親切かなーと個人的に思うのです。RIDEはM以下が無いのにこの記事書いてて初めて気がつきました(笑)

行ってみた! 安比高原スキー場[岩手県]

安比高原
勝手に3段階評価
雪質:★★★ ゲレンデ構成:★★★ スタッフの対応など:★★★ 関東から気軽に行ける:★☆☆

■東北道松尾八幡平ICより12㎞ ■東北新幹線盛岡駅よりバス60分 ■駐車場:7000台(無料)
管理人の出身は岩手県~。ってことで割と行っております。ホームってほどは行ってないんだけどね。地元ってことで贔屓する訳じゃないけど雪質、コースの質・数ともにわりとハイレベルな感じにまとまってるんじゃないかと思われるゲレンデ。

レンタルもメジャーどころ使ってるんでギアがひどくてガッカリ!なんてこともないです。常に最新モデルのレンタルも可能だったりしてます。通常のレンタルにプラスする形でグレードアップできます。
日帰り入浴可な天然温泉もあったりで充実してます。

ゲレンデの写真は滑ることに必死であんまり撮れて無くてごめんなさい・・・。

21コース中2キロ超のコースが12本、最長コースが5キロ。初~上級者まで楽しめるコース構成がよいです。ただし、5キロコースを滑走にはゴンドラが運行してないとアウトっていう悲しい状況も(笑)でも、それでも十分楽しめます。※リフト乗り継ぎで山頂に行けますが強風時は上部のリフトもよく止まったり動いていても下から登ってトータルで30分以上かかるかと思われます・・・。

パークも整備されていて初心者用の「チャレンジエリア」と中級者向けの「FUNエリア」と棲み分けがされているのがうれしい。スキルアップゾーンなるものも。*パーク写真は公式サイトより拝借

基本的にどこもコース幅がかなりゆったりで圧迫感がなく気持ちよく滑ることができるのがステキ。
スタッフもかなり数が居るのでレンタルで長時間待たされるとかは皆無だし、オンラインからレンタル申し込みができるのも○かと。

◎なところ!
とにかくコースが多くて広い!(21コース)雪質は文句なし行き届いたゲレンデメンテナンスリフトの運行本数が多く混雑しないスタッフの対応がしっかりしているゲレンデレストランが店舗も多くおいしい。おサイフケータイが使える(iDも対応してるよ)お子様連れでも大丈夫!

×なところ
リフト券が割高。時間券しか売ってないのでナイターまで滑り通すならチケットの追加必須。晴天率が低い(かも?)天気が荒れるととにかく寒い。そして風が強い。ゴンドラが丸一日動かないときがある

 

 

雪とたわむれてきました(・А・ 川場スキー場

というわけでかなり昔の話になるんですが
2/4に日帰り初滑りツアー@川場スキー場に行ってきたのでした。

平日出発だったのは
週末休日出発は無駄にツアー代金が跳ね上がる
まぁ、一番の理由は「お安い」なんですけどね(・А・
そんな感じで有休使えるor休めるぜな人たち募ってツアー申し込み。集まった面子は

ファンスキーを巧みに操るオクサマ。ソフトブーツGETで今年は軽快(・А・!
今シーズンはパークデビューが目標(?)な女子。ウェア新調うらやますぃ30過ぎて去年川場でボードデビューの九州男児。あいつには恐怖感がねーのかと。ちなみに今回でやっとこ2回目

面子も決まったのでいつものオリオンツアーでシャトルバスもろもろ申し込み。
出発一週間前というギリギリの申し込みじゃないのになぜか「在庫一掃セール」の対象ツアーになってて一人500円の割引。当然のごとく速攻申し込みました。ステキ(・А・

 

色々あったので色々箇条書き(笑)

~出発前~
気まぐれでリサイクルセンターめぐりして九州男児用のボード一式を3900円でGET

~当日~
・すべてに余裕をもって行動したのに朝マック持ち帰りで立ち寄ったら店員がポンコツ。
→シフト交代したばっかりかしらんけど凡ミス連発。電車乗り遅れるとこだったよ。

まぁ、そのごは無事にシャトルバスのれてもう一名ともすんなり合流。
そのままゲレンデへゴー。渋滞も特になく無難にゲレンデに到着

サクサク到着と思ってたら30分ほど遅れてたらしい。
→のんびりしてたら更衣室満杯(笑)まぁ、ロッカーが大量にあるからどーとでも。
このキャパの大きさが川場のいいところ!
ウェアレンタルにいった九州男児がしばらく帰ってきません(笑)
→バスツアーの面子の大半はどーもレンタルな人たちが大半だった模様。
まぁ、某東北にある「ボーダーの聖地」のレンタル40分待ちとかよりは全然早いんですけどね。

そんなこんなで準備完了。ゲレンデへゴー。

九州男児が多分滑れるだろうということで(アバウト)ゲレンデ最上部へ。
天気もよくて見晴らし最高ー。

固めのバーンが気になったけどみんな楽しく滑ってる模様。
つーか、ほんとに2回目か九州男児よ・・・・・。

まぁ、フリーライドもちょっと飽きたのでちょこっと冒険。
去年存在すら知らなかった「サーフライドパーク」へ。
ここは緩めのコブとかハーフパイプもどきだったり壁があったりで練習にはピッタリ。
これらが独立してるんじゃなくてコースみたいになってるので色々遊べます。

デビューパークもあったんだけどどう見ても本気なキッカーとレール・BOXが満載だったので遠慮させていただきました(笑)

サーフライドパークの壁に挑んでみるも着地でクラッシュ。
デビュー女子もコブで苦戦。
九州男児はそのままジャンプ。恐怖心はねーんかと心配。

オクサマスキーボードはソフトブーツに切り替えたからか軽やかな動き。
たのしそーです。

そんなこんなで昼食に。
川場のゲレンデご飯は美味いです。カレーは鉄板。
オクサマはロコモコ食して満足そう。

午後スタート。
割と大事件発生するも事故にならず安堵(笑)

時間ギリギリまで滑って帰還。帰りのバスはみなさん爆睡。
とりあえず無事新宿到着で解散。

平日ツアーはゲレンデは混んでないけど帰りの電車が混むのが辛いね。
まぁ新宿の金曜夜7時台の電車にボードケース持ち込むのはなかなか無謀なきがします(笑)